2007年03月06日

黒毛再生の夢

ねぇねぇ知ってました。
白髪を抜いても、そこから黒い毛が生えてくることって、基本的に無いんですって。
なんかショックですね。
一回生えちゃったら、もう終わりみたいな。

先週末、実家に帰って、地元のスーパーに行きました。
食品売り場で、いかにも怪しいオヤジがいるなぁ。。なんて見ていたら、それはなんと中学校の後輩。
まったく知らない子なんだけど、一人で徘徊している事の多い子で、よくよく出会っていたのを思い出しました。
その頃の記憶でストップしていた私は、かなりのショック。
その子を「怪しいオヤジ」と思ったのです。「オヤジ」。

まだまだ若い気でいましたが、私も、ニヤついて歩いていたりすれば、「怪しいババア」なのですね。

それをしかと認識させてくれるほど、白髪とは老けて見える。
白髪がなければ10歳若い。なんて。。。
ちなみに、白髪が生えたからって、はげないわけでもないみたいです。ハゲルもんはハゲル。
とりあえず私は、黒髪が途中から、白髪になるように、白髪が気づいたら黒髪に戻っていたなんて都合のいい奇跡を願っております。

ハァ〜もう黒毛生えないんだ。この毛穴から。。


------------------------------------------
レーシックで視力回復の手術!
posted by cosme7 at 15:51 | 日記

2007年03月05日

マッサージ

先週の金曜日、友人との待ち合わせの前に、ちょっくらマッサージに行きました。

最近、肩こり、首凝り、頭痛がどうしてもひどくて、ついに耐え切れず、マッサージに行きました。
その旨をマッサージの人に伝え、肩から頭にかけて、マッサージしてもらいました。

「きもちえー。。」と思いながら、ヨダレがたれるのを必死にこらえる。

始めは肩から、首、頭へと移動していきますが、頭がこれまた気持ちいい!
「ウワーン。。」にやけるのをガマンする。
そこでふと思った。
私がもしハゲだったら、こんなに気持ちのいい、ヘッドマッサージがかなりのストレスになるんだろうな。。。なんて。

それでもいいぜ!なんつって、育毛サロン以外で、ヘッドマッサージを受ける勇気のある人は、はげ人口の中でいったいどのくらいいるのだろう??
私だったら、抜け毛の方が気になって気持ちよくなれない。

取り合えず、はげる心配が比較的少ない女性に生まれたことを感謝。
今現在、禿げていないことに感謝。
心置きなく、ヘッドマッサージができたことに感謝。

髪の毛に感謝。
------------------------------
発毛、育毛はげ対策!
posted by cosme7 at 17:40 | 日記

2007年03月02日

毛の不思議

ねぇねぇ知ってました?
男の人より、女の人のほうが、髪伸びるの早いんですって。

5メートルも髪伸ばした人がいて、普通の伸びる速さで考えると、40年も延ばし続けたことになるんだって。

髪の毛にも限界の長さって言うのがあって、大体、7年位が限界なんだって。だから、伸びても1メートルいかない位、それ以上に伸ばすのは、大変なんだって。
まつ毛がこれ以上長くならないみたく。

それは、延びる時期と抜ける時期があるんだね。
髪の毛は、その成長時期が長いから、長く伸びれるんだ。

昔、「何で、ここの毛はいっぱい抜けるの??」
と、体育の授業中に女子が5・6人輪になってパンツに手を突っ込んで、ほら、ほらぬけた。5本もいっぺんに。。
あたしもぬけた。ほら、1、2、3、、、12、13、14・・・・
あたしすごくねぇ〜!!
や〜やば〜い!かなり笑えるんですけど。
しかも毎日大量に抜けねぇ?
抜ける抜ける!!なんで!?やばくねぇ〜
やばい!なくなっちゃうんじゃないの〜
それある意味あり!
何つって、ボーボーだろーがよ〜

的会話をしていた。ことを思い出した。
のどかな田舎で、体育の時間に暇をもてあます少女たちは、自分たちの力で、保健体育についての議題を見つけたのです。

そっか、そっか、今やっとこのときの疑問の答えが分かったぞ。

きっと、あのとき一緒にパンツに手をつっ込んでた素朴な少女達の中で、この疑問の答えを見つけたのは、私だけだと思う。

いつか会うことがあったら教えてやるよ。
待ってろよ、私の可愛いお友達!
posted by cosme7 at 15:32 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。